未分類

地方から東京へ 【認可保育園】

昨日は、地方から東京に保育園を幾つも出している社福の担当者とお会いして打ち合わせしました

年齢も近いせいか、色々な話をする事が出来ました

特別養護老人ホーム含め、僕は地方の社福のお客様が多いという話をしたところ、その法人さんも同じような理由で関東に出てこられたそうです

待機児童という言葉は一都三県と、地方主要都市では聞くことが出来る言葉ですが、それ以外の場所に関しては少子化、過疎化の影響で子どもは減るばかり。

子どもが少ない=収入が減り法人を維持できなくなり、また人材の循環も無いので、法人を畳むという選択肢をとる社福が将来的にあちこちで出てくるかもしれません

時々、地方から関東に出て来たいということで東京に来られている法人さんから施設出店の相談を受けるのですが、ハードルは結構高いです

なぜなら、ほとんどの公募には、一都三県での認可保育園実績があること、という条件が盛り込まれているからです

東京は公募競争率がかなり高いので、三県の何処かに施設を作り、そこを足掛かりに東京に出てくるのが良いですよという話をいつもします。それも決して容易ではなく労力と時間掛かりますが、東京よりは出やすいからです

結局その日は、現在公募やってる自治体にある物件情報をお渡しして終わりました

良い縁になるといいな、と思います

土地の現地視察 【特別養護老人ホーム】

今日は、以前から準備を進めてきた特別養護老人ホームの土地を、運営希望されているお客様に現地案内してきました

今回の土地は、土地の有効活用ではなく、売却が前提となっている物件です

元々は建売業者さんに売るしか考えていなかったようですが、スカイリブで介護としての用途も提案させて頂いたところ、気に入っていただけて今日までの運びとなりました

この土地は形も良く、接道もしっかりしているので、特養などの大型建築物も建てやすい環境です

特養は非常に時間が掛かるプロジェクトですが、公募の時期も限られているので、何とか前に進めたいと思っています

保育サービス 新制度について 【認可保育園】

今日は、新たな認可保育園の新設に向けて行政に事前相談に行ってきました

物件の場所は駅から近く、運営法人も実績十分なので、特に問題はなさそうです

保育サービスの新制度移行に伴い、新設する場合の手続きも従来より厳しくなるようです
これまでは各自治体の判断により保育園の新設認可を出してきました
(都道府県へも一応書類一式出してましたが、あくまで必須の手続きでは無かったようです)

それが今後は都道府県の判断に委ねられ、保育運営計画や建物図面は勿論、運営法人の財務まで第三者的に見るようです

また、旧来の竣工検査は3月中に行われてきましたが、これからは2月前半になるようなので、竣工時期も1ヶ月前倒しにしないといけないそうです

今やってる調布市のプロジェクトは3月に入ってからの竣工なので、このスケジュールは今後通用しないようです…(-。-;

時間的な制約が増えそうですがまだまだニーズは高い福祉施設なので、頑張って土地を探していきます!

サ付住の打ち合わせ 【サービス付高齢者向け住宅】

今日は、茂原市まで打ち合わせに来ました!

車で来たのですが、新宿からはさすがに遠いです…

サービス付高齢者向け住宅の打ち合わせで来ました

近隣にある土地で、土地活用として介護で検討したいとの要望が地主様からあったので、そのための打ち合わせです

千葉駅から東側は運営希望する事業者も限られてくるので、何とかこの縁を大事に進めていきたいなと思います

今回は、既に隣地にデイサービス施設があるため、サ付住の居室と、他に付帯する設備などのみでのプランニングです

最終的に厨房と食堂レイアウトをもう一度練り直す事になりました

利用者様の大切なコミュニティ空間なので、納得していただけるまでプラン練っていきます

東京都 福祉貢献インフラファンド

あけましておめでとうございます!
年明け一発目のブログです
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

さて、2日前に、東京都が福祉貢献インフラファンド設立の方針を固めたというニュースが出てきました
http://www.asahi.com/articles/ASGDW74BZGDWUTIL01K.html
昨年8月のニュースに出て以来の更新ですが、とうとう動き出すようです
でも、このファンドって、投資の対象としてのファンドなのですかね?
それとも、読んで字のごとく社会貢献が目的?
福祉事業というのは、いわゆる通常の投資からは最も遠い位置にある事業だと思うので、どう具体化するか想像出来ないでいます

時々、有りますけどね。日本でも、海外の投資会社がお金出してる有料老人ホームが少しだけ存在します

これが現実になるとして(恐らく50億円は東京都が出すので、その金額は保証されるでしょう)、どう振り分けていくか気になるところですね

介護も保育園も、多摩エリアは結構充足してきているので、23区が対象となるかなと思っています(特別養護老人ホームは都内全体足りないですが)

今後の動向を注視して、動きがあればまたブログトピックに取り上げようと思います