設備設計

セミナーに向けた打ち合わせ  【マンション大規模修繕】

マンション大規模修繕 春セミナーが近いので、共同開催する他の設計事務所の方々と打ち合わせを行いました

今回のテーマは、修繕積立金を如何にして抑えるか、になります

お金の話題なので、多くの方が興味ある内容だと思います

今日の打ち合わせの中で、こんな話がありました

駅近の分譲マンションで、新築販売時は修繕積立金が低かったため良く売れたそうです

しかし、安いのには理由がありました

機械式立体駐車場の家賃収入を積立金に回すこと前提に設定されていたからです

さて、その後どうなったのか?

駅近のため駐車料金が高く、ほとんど駐車場は空いていたそうです

当然維持費が掛かるので、金食い虫 +積立金の補填は出来ないと言うことになる。

結局駐車場は使われなくなったそうです

その住民は裁判も検討しているようですが、売る側は勿論そういうことも想定した契約書になっているので、難しいようです

極端な例ですが、結局どこかの時点で修繕積立金は上がっていきます

自分の身を守るのは自分しか居ないので、そんな時に役に立つ内容が盛り込まれています

  

設備設計のページを追加しました!

弊社のホームページに、設備設計のページを追加しました!

一般的には設備と構造設計は外注するケースが多いのですが、スカイリブでは社内で行います

設備を担当するスタッフは、設計だけでなく現場経験もあります

工場や病院、介護施設など設備が大掛かりになる建築物では設備機器にかかる費用も大きくなるので、どのように設計するかでその後のコストが大分変わってきます

設備を自社で設計することで、コストを意識しながら設計ができるのです。

 

設備設計だけの相談もお受けしますので、お気軽にご連絡ください

 

最近の建設業界事情

オリンピック誘致が決まって以降、建設費が日に日に高騰してきています

消費税率が変わる今月末が過ぎれば多少は収まるのでしょうが、いつまで続くのでしょうか

 

今日は、都内で介護施設の建築工事の相談を他の設計事務所からもらいました

単純に、どこか実績がある会社を紹介するだけのつもりでしたが、まだ設計プランが固まりきってない状態ではどこも動いてくれないという、1年前までは考えられない状況です

特にエレベーターは納期が長く設定されています

発注から納品まで10ヶ月とか。。。 そんな前から発注するのがこれまでなかったので、今スカイリブが持っているプロジェクトでもエレベーターのメーカーを急遽変更しました

 

建築コストを抑えながら設計していても、これでは追いつきません

まぁこればかりは誰にも変えられないので、コストと納期を比べながら、慎重にプロジェクトを進めるしか有りません

これから新たに施設の新設を考える皆さん、ご注意ください☆

給水管調査

今日は、さいたま市にてマンションの水まわり配管の調査に行ってきました

以前調査した都内のマンションと比べると、非常に沢山の方が住まわれています

マンション工事は管理組合での決議が欠かせないので、調査してそれを上手に説明する必要があります

水道屋など職人の方々は、腕は良いのだけれど説明が足りないことが多く、組合の会議で皆様が納得できる調査報告が非常に重要です

 

図面を元に、色々なお部屋を調査させていただいたので、これからその整理です

スカイリブ環境計画の特色として設備設計が強いので、その能力を発揮できるよう十分に調査を行っています