設計図の擦り合わせ 認可保育園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は朝から、建築確認申請図面のチェックをしていました

平面図と、他の図面の整合性が取れているのか、一つ一つチェックします
また、施主様から指定の仕様もありますので、それも同時に確認します

認可保育園の設計で大変なことの1つは、通常の建物より関わってくる法律や条例が多いことです

開発行為は多くの場合関わってきますが、東京都内であればそれに加えてバリアフリー条例があり、当然児童福祉法も考慮します
市区町村によって児童福祉法には無い項目を要求されることも良くあるので、役所との会話が大切になってきます

また、法律や条例には無い、子どもが使う施設ならではの配慮も当然考えて図面を作ります
鍵の仕様や位置など、細かい部分で運営側に影響する項目が多くあります

医療福祉施設の設計に特化しているスカイリブ環境計画では、このような細かい配慮も最初の設計段階から入れていきます

そうやって、初めて保育園の建て替えを経験されるお客様でも、安心してプロジェクトを進めていけるよう支援しています(^-^)

IMG_7402.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*