地鎮祭 【認可保育園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は、認可保育園新築工事の地鎮祭に参加してきました!
生憎の雨でしたが、大降りではなかったのでいつも通りに進みました

今回は、スカイリブとしては僕だけ参加だったので、鍬入れと玉串のお役目がありました
素朴な疑問ですが、なぜ”エイエイ”と鍬入れの瞬間に言うのですかね…

ところで、ざっくりした設計図は出来ているので、これからは細部を詰めていく作業です
設計者として、細部をどれくらい施主様の意向に沿う形に出来るかは、重要なポイントだと思っています
細部に神は宿る、なんていう格言が広告の世界にありますが、その通りだと思います

保育園というのは安全面と運営側の使いやすさ、維持のし易さ、子どもの動線など、色々な要素があります
当然全てを100点満点には出来ないのですが、打ち合わせを重ねて多くの意見をどう上手く反映するか、というところに我々は重きを置いています
以前から、設計事務所と施主様がトラブルになるケースを沢山見てきました
その殆どは、設計者としてのこだわりを前面に出し過ぎることが原因です

ヒアリング能力を磨く
これが、今の設計業界に強く求められていることの一つだと思います

今回のプロジェクトでは概ねヒアリングは終わったので、今後は施工会社に細部を理解してもらえるよう図面や写真を用意して綿密に打ち合わせをしていきます

IMG_7519.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*