介護事業 開発コンサルティング【特別養護老人ホーム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今週、東北エリアの特別養護老人ホームの公募を調べていました

法人で所有する土地があり、そこに新規で特別養護老人ホームを企画できないかという相談です
まだ介護の実績も数が少なく、本来であれば少しずつ施設を増やすのがベストな選択かなという規模感です

事業的に大きな金額の借入が必要になるので、こちらの提案として特別養護老人ホーム、介護型有料老人ホーム(特定施設)、小規模特別養護老人ホームの3つを考えました

有料老人ホームも視野に入れているということで調べたのですが、土地の立地を考えると特養向きかな…と思いました

特養は、建築費が膨らむ分、補助金も多いので規模を80床くらいにすれば特定施設より実費は抑えられます。福祉医療機構から借入出来るので、金利もかなり安くなり長い目で見ると楽だと思います

小規模特養も良いですが、運営費が厳しいという意見を良く聞くので、提案としては悩ましい事業です

法人としてそれなりに体力があれば特定施設勧めたいところですが、入居希望者の所得層などが遠方なので、マーケット感がイマイチ掴めない…

結局、メリットとデメリットを伝え、理解した上で選んでもらうしかないかなと思いました

スカイリブでは、図面製作や建築確認だけでなく、施設の新規出店支援相談や情報収集、お金に関するところまで包括的な支援を行います

建築士と新規出店コンサルタントによるサービスを提供しています

(null)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*