保育園の見学 【認可保育園】

今日は、茅ヶ崎にある保育園の見学に行ってきました

東京と比べると気候も暖かく、2月とは思えないくらいでした

さて、肝心の見学ですが、今回の建物は平屋建てです
長方形の土地なので、敷地に合わせて建物も長方形でした

外装材に黒の建材を使っているので、見た目保育園とは中々判別出来ない外観ですが中に入ると子どもが生活する雰囲気に変わります
このギャップは、とても面白いなぁと思いました

全体的に採光の意識が強く、色々なところから太陽の光を取り入れているので、とても開放感があります

天井を高くしたり、廊下をまっすぐ見せるなど、土地の形状と建物デザインをうまく融合してあります

デザインを重視すると保育しやすさが失われてしまう、というのはどの建物も見られるのですが、そこも勉強になります

意外と細かな気遣いで解決することも多いので、今後に活かせそうです

建築士には2タイプあり、自分の考え優先で色々な事を決めていくタイプと、しっかりヒアリングして意見を取り入れるタイプとに分かれます

スカイリブは後者のスタイルなので結構図面の手直しが多いのですが、やはり最終的に喜んでもらえる建物が出来上がることが自分たちの励みになります

今後に活かせるよう、しっかりメモと写真を取ってきました(^o^)/

(null)

介護施設と補助金 【サービス付高齢者向け住宅】

今日は、千葉で介護事業での土地活用計画についての打ち合わせをしてきました

商業店舗と違ってどうしても運営会社が払える賃料には限りがあるので、大抵不動産の営業マンは、利回りに頭を悩ませます

サービス付高齢者向け住宅は、国土交通省から建設費の補助金が約1割出るのはよく知られていますが、小規模多機能と呼ばれる居宅型施設にも付くことは意外と知られていません

こういうケースの場合、当然営業マンは補助金の額を工事費から差し位引いた状態でソロバンを弾きます
そこに、小規模多機能も併設する事で、更なる補助金も狙います

ずっと補助金が続くわけでは無いので、ここ数年が勝負だと思います

(null)

福祉事業と投資 【土地の有効活用】

今日は、久々に会う仕事仲間が居て、彼の転職先に行ってきました

会社は不動産投資会社で、オフィスをメインとしており、それ以外に住宅、商業施設も対象としているようです

あと、割合こそ少ないですが、シニアレジデンスというカテゴリーもあり、大規模の介護施設が対象となっているようでした

介護事業に対する投資は意外と人気のようで、金融商品としては結構良い値段がつくそうです

外資の投資会社が日本の介護事業に投資しているのを過去何年かで見たことがありますが、レアケースとしか思っていなかったので、今回の商品は中々面白いと思いました

友人のいる会社の投資規模からすると、土地建物総額10億円以上のかなり大型の複合施設が必要となります
いきなりそんな規模は無理ですが、1/3程度ならいつもの業務で扱っているので、投資対象にしてくれる企業や個人がいるのかな、と思います

景気が一時的に良くなっている今、土地オーナーによる施設建設は福祉事業から離れがちです

投資、というスキームを使った福祉施設の開発を手掛けられればな、と思いました

そういう投資に興味ある方がいれば、お声掛けください(^o^)/

 

土地と建物 【土地の有効活用】

スカイリブは建築設計事務所ですが、土地探しや地主さんとの折衝、テナント探しなども行います

不動産業を生業にはしていませんが、建物は当然土地がないと建築できないので、自然と取り扱うようになりました

建築士もある程度土地のことは知っていますが、あくまでも建物を建てる前提の土地で、これから企画するとか、有効活用するとかの視点ではありません

最近のブログでも、特別養護老人ホームや老人保健施設を目的とした土地のトピックがあったように、積極的に土地の有効活用をお手伝いしています

今日は、活用の方法を模索している物件の紹介をテナントさんにしました

テナントの業種によって、求める条件は様々。

今回は50坪程度の床面積の物件を扱っているのですが、コンビニ向きでは無いので、違う業種にアプローチしています

今日は、フィットネスクラブの開発担当の方と打ち合わせしました
カーブスが流行り出して随分経ちますが、似たようなモデルの会社が多く、何社かに打診をします

以前、朝9時過ぎくらいに運転してる時、カーブスの前に人が並んでいるのを発見しました
駅からも少し離れている立地だったのに朝から並んでる人がいる風景は、最近ではパチンコ屋以外では中々見れないと思います

それだけニーズがあるのか、と感心した記憶があります

予防医学とか、色々な視点から見てみると、まだまだ伸びしろのある業界だなと思います

(null)

物件探し 【老人保健施設】

第6期介護事業計画に向けて、老健の物件探しも動きが出てきました

公募の枠が多い特養の物件は良く出てくるのですが、老健の土地は中々出ません
理由は簡単で、市街化区域である必要があるからです

つまり、病院と一緒ですね
昔は病院も調整区域で建設出来たらしいのですが、今は無理です

市街化区域で纏まった土地が出てくると、通常は分譲住宅になる事が多いです

老健だと公募なので事業時間も長く、それを待ってもらうのも一苦労です

今回は、市街化区域で駅からも近い物件なので、とても利便性が高いです!
土地の有効活用としては、非常に安定感のある事業なので、地主様にも喜んでもらえます

何とか形になるよう頑張ります(^o^)/

(null)