東京都の検査  【認可保育園】

朝から、明日の東京都の検査に向けた、引き渡し真近の認可保育園の事前チェックをしてきました

朝ということもあり、工事車両で駐車場は一杯でした

まずは先週チェックした修正箇所の確認を行いました

その後、東京都に指摘されそうなところを見て回ります

1つの難関が、避難経路であるバルコニーのフェンスの高さです

都の指導では、足掛かり(足先を引っ掛けてよじ登れそうな起点)からフェンスのトップまでは120センチ以上としています

しかし消防署では、床面からトップの高さは120センチ以下と指導してします

縦割り行政の矛盾がここにあり、最終的には検査官次第です

果たしてどうなるのか…

ドキドキしながら明日の検査を待ちます



安心子ども基金  【認可保育園】

私のようなコンサルタント業務まで行う設計事務所や、保育事業運営法人には馴染みのある、安心子ども基金。

一般には聞かれない単語なので、少し解説します

元々厚生省が待機児童を減らすための資金源として創設した基金で、新設認可保育園には例外なく適用されています

あくまで待機児童解消用基金なので、新設園や定員増の改築に利用されます

補助率もかなり良く、補助対象となる工事費の7/8が補助率です

なので、新設園を作るなら今が一番自己資金を使わずに施設の開発が出来るわけです

改築において定員を増やさない、もしくは単なる一部改修になると、適用されません

4月から中身がこれまでとは変わりますが、基本的な考えや目的は変わらないと思います

なぜこのトピックを選んだかというと、保育園の建築設計をしている設計事務所も、この基金の詳細を知らない事が多いと思ったからです

スカイリブでは、建物のプランニングや確認申請に必要な図面作成だけではなく、お金に関することまで踏み込んで仕事を進めます

この基金を利用するにはどんな要件が必要か、申請に必要な書類の準備、それを盛り込んだ事業資金計画作成など、認可保育園の建替全体の流れを支援する設計業務を行っています



旗竿地での保育園建設 【認可保育園】

朝から、来年 再来年開園に向けた認可保育園の提案ミーティングに参加してきました

そのうちの一つに、旗竿地が含まれており、東京都の安全条例で規制が掛かってきます

幾つかの緩和要件もあるのですが、竿地が20m越えるため、どうしても規制に引っ掛かるとのことでした

ところで、何をもってその土地を旗竿地とするか?

役所で色々と聞いてきました

簡単に言うと、接道部分のいずれかのポイントから真っ直ぐ見て、敷地内に死角がなければ旗竿地ではないという基準のようです

そのため、土地の形状を適当なところでカットして(分筆して)使えば良いと言うことになるのですが、残った土地も要件があり、それもクリアする必要があります

スカイリブでは、設計だけでなく不動産も扱うので、土地の活用を考え、各種法律に適合するかまでトータルで提案します

 

医療モールのトレンド 【クリニック、医療モール】

今週ブログに載せた医療モールの続きです

全国的に医療モールは増えてるのかどうか?

気になったので調べてみました

全体的には増えていますが、一方で集客に苦労しているモールも出てきてて、場所選びに慎重になってるというのが印象です

あと最近のトレンドとして、病院からの処方箋を待つのではなく介護施設など薬を必要としている方に届けるサービスが急激に増えています

処方箋の枚数を稼ぐには大きい病院に張り付くか、クリニックが密集しているところに出店するか、もしくは届けるかという3種類の戦略に分かれるようです

変わりダネだと、英語対応してくれる調剤薬局というのもありました

この業界、まだまだ変化が続きそうです

病院の売買  【病院】

今日、不動産関係の打ち合わせをしていて、病院を売りたいという法人が幾つかあるという案件を教えてもらいました

病院のM&A、珍しいことではなく、割と多いと思います

スカイリブでも何回か提案したことがあります

原因の大きな理由は大抵2つで、財政難か後継者不在のどちらかです

ある病院では建て替えが必要なくらい老朽化進んでいるのですが、現金が数千万程度の蓄えしかなく、何も出来ないまま今に至るというところもあるとか

クリニックは比較的簡単に開設できますが、ベッドのある病院は総量規制があるので、各自治体で行われる公募を取らないといけません

基本的には新興住宅地など、人口が増えてきた自治体での公募が多いです

以前、給排水設備の更新調査に伺った病院では、建物管理をする役職の方が何回も変わっていて情報が残っていないため、改修による資産価値の変動が出せないというところがありました

病院のM&Aは、当然資産である建物も価格に含まれるため、更新情報がないと目に見える形、つまり取引金額に反映することが難しくなります

い医療福祉事業の運営法人様とお付き合いさせて頂いているスカイリブでは、時々そんな案件が出てきます