福祉施設と近隣 【認可保育園】

来年度の開園に向けた、新設の保育園の打ち合わせがありました

まだ土地の諸問題をクリアしなければならないのですが、それを乗り越えられれば28年4月開園となります

このところ、立て続けに2件の土地有効活用案件があり、両方とも現在アパートが建っています

まだ住まれている方がいるので退去のご案内から始まるのですが、当然一筋縄では行かないことも多々あります

個人的には、少しでも待機児童解消のお役になると良いなと思うのですが、そこは住人、近隣の方のご理解が必要となります

保育園に限らず、特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどの介護事業や、児童養護施設など、地域の方の理解が非常に大事な要素になります

今回の物件は角地なので比較的進行しやすいのですが、まずは近隣説明会を行い、様子を見ながら進めていくことになります

融資の申込書提出 【認可保育園】

今日は、先月に続き認可保育園の新設資金確保の為、福祉医療機構に再び訪問してきました

雪が心配でしたが夕方から雨に変わり、去年みたいに残らずに済みましたね(^o^)/

さて、今回は事前相談では無く、正式な借入申込書を提出してきました

…といっても最終的な提出は、補助金交付がなされてからです

機構でチェックされるのは主に財務状況、担保物件詳細、借入の事業の内容とその収支計画です

今回の相談物件は借地の上に建物を建てるので、所有者との契約内容も大事な論点と成りました

この契約締結の書類が宿題として残りましたが、他は概ね大丈夫と言うことで一安心です

学童保育の打ち合わせ 【学童保育】

今日は、以前何回か設計させて頂いた学童保育を運営されている会社様と打ち合わせしてきました

以前設計した場所の子どもが増えそうということと、もう少し部屋を増やしたいということで、どうレイアウト組むかという打ち合わせでした

1校目オープンからまだ数年ですが、すでに3校オープンしているというスピード感なので、今後の展開が楽しみです

学童保育と保育園は似て非なる施設で、保育園の子どもでは考えられないことも想定が必要となります

単純に年齢があがり力も強くなるので、壊れにくいという要素も意外と重要になってきます

部屋割りするには可動パーティションが良いのか、シンプルに壁が良いのか、あれこれと議論しながら打ち合わせをします

今日は、幾つかレイアウトパターンを出したので、図面を起こして、見積もりだして結論だすということで終わりました

施設開設からお手伝いさせてもらった施設が展開していくのは、とても嬉しいです

木造建築の打ち合わせ

今日は、木造建築の柱などを製作しているメーカーさんと打ち合わせしました

建築費全体が高騰する中で、設計事務所としてもコストを抑えながら建物を建てる選択肢をいつも考えなければなりません

多くの設計事務所は建築コスト意識が低いのが現状ですが、土地の有効活用や施設の新規出店の仕事が多いスカイリブでは、積極的にそのような情報を取りに行きます

木造建築自体が他の工法に比べて安いわけでは無いのですが、重量が軽く基礎工事のコストを抑えれるというメリットがあります

そこそこ地盤の良い土地であれば、杭工事をする必要はありません

意匠設計としても他の工法に比べて多様なデザインを出せる集成材大断面は、とても面白い工法の一つだと思います

最近の技術や事例、工期、費用など色々と情報交換出来ました

今後に生かしていきたいと思います

調整区域 赤道の調査 【特別養護老人ホーム】

今週、市街化調整区域にある特別養護老人ホームを企画している土地の行政調査に行ってきました

2筆あるのですが、ちょうど中央に農業用道路(赤道)が走っています

開発の際に障害となる可能性があるので、事前調査を行います

農業用とはいえ道路の一種なので、道路管理課などの管轄になります

地図持参していったところ、所有者が同じであれば付け替え出来る可能性は充分にあるとのことでした
払い下げは厳しいようです

赤道を付け替えする場合に問題になるのが、計画地の奥にある農地との関係です
開発予定する土地は必ず接道が必要となります
しかし調整区域にある農業地帯で公道に接していない土地は沢山あり(周囲を別の農地に囲まれているなど)、そこに行く為に通る道が赤道です
なので、必然的に絡んできます

今回は奥にある農地が農地面積拡大するなどの予定が無さそうなので、大丈夫では無いかという見解です

実際には宅地課や福祉課との協議が中心になりますが、ひとまず門前払いの可能性は払拭出来てので、ちょっと安心です