商業店舗として土地活用

今日は、土地の活用としてドラッグストアに貸してみてはどうか、という提案をしてきました
元々売りたいと言われていたのですが、売るにしては勿体無い立地だと思ったので、興味ありそうなテナントをずっと探してきました

今、前面道路を拡張していて、それが完成すれば店舗はとても喜ぶ立地です

あまりそういうことを考えて来られなかったのか、今まで売る以外の選択肢は無いの一点張りでしたが、具体的に借りたいというテナントが出てきたことで真剣に考えて頂けたようです

僕は店舗系より医療福祉系の仕事が多いのですが、タイミングが合えば商業用地として活用のお話もしています

IMG_7599.JPG

特別養護老人ホーム向け用地の調査

今日は、特別養護老人ホーム向け用地の下見を運営法人様と一緒に視察して来ました

そもそもは、土地の有効活用として介護で利用出来ないかと言うのが始まりでした

時間が掛かったのですが、運良く物件を探されている社会福祉法人様と出会うことが出来たので、視察の運びになりました

最寄りの駅からも割と近く、主要駅から車で15分程度。市街化調整区域にしては、良すぎる条件です

下見では、以下のことに注意して調査します
・建物配置する際、車での進入が困難で無いか
・近隣からクレームが出にくい配置か(音など)
・なるべ多くの部屋の陽当たりが良好になる位置か
・セキュリティ面で管理し易いか
などです

特に介護は、スタッフ含め人の出入りの動線をとても気にします
休みの日は家族の方が来られたり、出入りの業者の数も多いので、事故を起こりにくくしてスムーズに出入りできる事が大切です。
また、近隣住民の方々との関係も大切です

一旦今日の視察を持ち帰り、どう配置を組むか考えていきます

IMG_7593.JPG

ルームプレートの提案 【介護施設(グループホーム)】

去年竣工したグループホームに納める予定の、陶器の絵が完成しました

それぞれの部屋の前に飾って、部屋番号の代わりに使います

通常は番号の入ったルームプレートですが、味気ないという事で、違うものを提案させてもらいました
凝ってるのが、季節毎の自然の花を使って制作している点です
グループホームなので、部屋は1フロア12個室あります
月ごとに違う花を用いて制作したプレートを飾るので、12か月分の花が飾ってあるわけです

陶器だから焼くのに、どうして自然の花が使えるのか?詳しい作り方は僕には分かりません(^^;;
ただ、見た目も通常の陶器とは違う仕上がりになるので、介護施設にとてもマッチしています

そんな細かいところまで、提案させてもらっています

IMG_7554.JPG

介護の複合施設

まだ構想段階ですが、介護施設を複合的に造って、その中で色々な介護サービスを受けられるというものがあります

似たような構想は以前群馬県で計画したことあるのですが、土地の問題で前に進まずでした

今回は、以前ほど広い敷地ではないのですが、逆に現実味のあるスキームかな?と思います

昔に比べて、例えば特別養護老人ホームを作るときは、デイサービスとショートステイ併設とか、グループホームに小規模多機能つけたりとか、徐々に複合化しています

とはいえ、やはり広い敷地に別棟で、リハビリやクリニックなどがある方が開放的で利用者の方にも環境かなと感じます

まだどうなるか分からないですが、本当に出来たら良いなと思う配置計画を考えるのは楽しいです
実は、プランニングの段階が1番楽しい作業かも知れませんね(^o^)/

IMG_7551.JPG

特別養護老人ホーム 開設支援の依頼

また、地方で社会福祉事業を行っている社会福祉法人から、関東近辺への新規開設の相談がありました

今回は土地はあるのですが、土地勘も無いので行政に折衝するところからの支援をして欲しい、とのこと

土地さえ決まっていればやるべき事は決まっているので、早速行政にアプローチ&ヒアリングです
当然介護計画6期の素案が出てるだけの段階なので具体的な回答は得られませんが、スケジュール感や行政が欲しているエリアはボンヤリと分かります

今日の相談で、久しぶりに小規模型特別養護老人ホームの話が出ました
規模の割には、ある程度のまとまった投資が必要なので、開設後苦しい運営を余儀なくされている法人が多い、と言うのが私個人の見解です。最も、2年くらい前に色々な自治体にヒアリングした時に得た話が元です

数年経った今、少し状況は違うそうです
補助金による収入のみで運営できるよう、コスト意識が変わってきたなぁと思いました

スカイリブでは建築設計をただ行うだけでなく、ランニングコストを抑える提案も一緒に行います
そうすることで、少しでも運営の改善につながれば、と思いながら。

IMG_7549.JPG